設計屋×建築屋が提案する理想の家づくり

0584-68-1207

Sumika日記

家づくり事例

スローリビングリバーサイド

ロケーションの良さを最大限に活かす。
中に居ながら外とのつながりを感じる空間づくり。

スローリビングリバーサイド
Request
敷地周辺の環境に沿ったお店にしたい。自然素材に囲まれながら、ゆったり過ごせる空間に。
構造
木造軸組
所在地
岐阜県各務原市
竣工年月
2017年7月
延床面積
150.09坪(45.4坪)
  • 土間
  • 店舗

自然を感じ、自然を取入れる、カフェとヨガの融合がコンセプトのお店「スローリビングリバーサイド」。 オーナーが見つけ出した場所は、川に面した自然があふれる抜群のロケーションでした。 この自然の力を生かしたお店を作りたいオーナーの希望と、自然素材や周辺環境の良さを最大限に引き出す、すみ家の家づくりのコンセプトが合致しご依頼頂きました。
1階のカフェの店内は、荒々しい木床から土間、広いデッキテラスへと緩やかにつながっていく事で、内と外との境界を曖昧に。 店内に居ながら外の自然を感じる事のできる心安らぐ空間になりました。
2階のヨガスタジオは、柔らかな肌触りの無垢床に薄く白いフィルターをかけたような加工を施す事で、建物の主張を抑え余分な情報を排除。 窓から目に入る自然の景色を前に、ヨガを通して自分自身と向き合うことに集中できます。
その場所ならではの環境を設計に取り込み引き立たせる事は、快適で個性あふれるすみ家の家づくりの特徴の一つです。

ヨガスタジオの窓から川が真正面に見えるよう、あえて建物の向きを敷地に対してやや斜めに配置。

床と同じ考え方の素材で作られた圧迫感を感じさせない木製扉。

薄く白い塗装を施す事で、木目の存在感を抑えた優しい空間に。

部分的に木本来の色を残してアクセントに。

木曽川、犬山遊園に向かって気持ちのいい景色が広がります。

カフェラウンジの土間部分の客席は半屋外的な感覚で。

大きく開いた開口部から気持ちのいい景色が広がる店内。

ページの先頭へ