設計屋×建築屋が提案する理想の家づくり

0584-68-1207

Sumika日記

家づくり事例

見晴し台の家

見晴らし抜群の土地を活かしリビングから空へとつながる家を。

見晴し台の家
Request
風通しが良く開放感のあるリビングに。カーテンを開けたままで暮らしたい。
構造
木造軸組
家族構成
夫婦+子供2人
所在地
愛知県瀬戸市
竣工年月
2012年10月
敷地面積
232.09㎡(70.2坪)
延床面積
129.57㎡(39.1坪)
  • ウッドデッキ
  • 変形地
  • 造作家具

「眺望がこの土地を選んだ決め手でした。高台の戸建てになるからカーテンもいらない、開放感のある暮らしをしたい」というご家族に提案したのは、空へとつながる家。広々としたリビング、その延長にあるウッドデッキから空へと抜けるラインはまるで滑走路のよう。2階にある書斎は足元まで視界を確保し、眺めと趣味が一度に楽しめる場所になりました。
2人の小さなお子様の成長を考え、裸足で歩く床は無垢材に。座り込む気持ちよさや温もりから、優しい感性が育まれることを願って。そんな子供達が大きくなったら一緒に料理もしたいという奥様の希望でキッチンはアイランドタイプに。すぐ横ならびのダイニングテーブルで摂る食事は「展望レストランのようだ」と喜びの声もいただきました。

リビング、ウッドデッキから空へと抜けるラインはまるで滑走路のよう。

眺望を邪魔しないクリアなウッドデッキの囲い。

空と繋がっているような二階の書斎の掃き出し窓。

四季折々の季節を楽しむことができる見晴し台の家。
風通しが良く開放感のあるリビングに。
カーテンを開けたままで暮らしたい。

アイランドキッチン背面収納は「すみ家」オリジナル。隣りのテーブルへの配膳も楽々。

ページの先頭へ