設計屋×建築屋が提案する理想の家づくり

0584-68-1207

Sumika日記

すみ家の構造

地震に負けない家づくりを目指して。

世界で起こる巨大地震の5回に1回は日本で発生しています。
特に近年、地震が頻発し、家づくりにおいて地震対策は重要な課題となっています。
すみ家では、(株)LIXIL(※1)の構造部門が構造評価を行っている「スーパーストロング構造体バリュー(SSバリュー)」によって、地震に負けないくらしをサポートいたします。

「スーパーストロング構造体バリュー」とは?

スーパーストロング構造体バリューでは、耐震設計により一般的な木造軸組住宅の耐震性能を高めています。万が一地震の揺れで住まいが全壊した場合も、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担する「耐震補償付き」の仕様になっています。
スーパーストロング構造体バリューの安心基準は、「耐震等級3」相当の設計にあります。

「耐震等級3」とは?

耐震等級3は、最高等級・建築基準法の1.5倍の耐震性に相当します。
これは、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高級で、消防署・警察署などの防災拠点と同程度の耐震性にあたります。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。
スーパーストロング構造体バリューは、全棟で「耐震等級3」相当を実現しています。

  • 「耐震等級3」相当とは、株式会社LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞り、その性能を評価しているため、表示項目全てを評価した住宅性能表示制度による「耐震等級3」とは区別して表示したものです。(公的な証明書があるわけではありません)(品確法に基づく評価機関等に申請および検査依頼をすることにより住宅性能表示の「耐震等級3」の証明書を取得することも可能です。その場合、それに対する費用および期間を見込む必要があります)
  • プランの方向性が決まった段階で耐震等級判定を行うため、プランによっては「耐震等級2相当」や「耐震等級1相当」になる可能性もあります。

「スーパーストロング構造体バリュー」の強さの理由

「耐震等級3」相当のスーパーストロング構造体バリューでは、建物の形や大きさに応じて、壁・床・基礎それぞれに必要な強度を算出し、耐震性能を高めています。

壁が強い

建築基準法

建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定※です。

※1階の広さにより必要な壁の量を算出します(見付面積で算出する場合もあります)。

スーパーストロング構造体バリュー

スーパーストロング構造体バリューの家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

床が強い

建築基準法

建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定※です。

※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

スーパーストロング構造体バリュー

スーパーストロング構造体バリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

基礎が強い

建築基準法

建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定です。

スーパーストロング構造体バリュー

スーパーストロング構造体バリューの基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。

(※1)……トステム(株)、(株)INAX、新日軽(株)、サンウェーブ工業(株)、東洋エスクテリア(株)が統合して誕生したLIXILグループ最大の事業会社です。

ページの先頭へ